二次会では自分が欲しい景品を選びましょう

二次会での景品で貰って嬉しいモノは、商品券や旅行券などがとても喜ばれますね。
重くないし目立たないというのが、もらった側にはありがたいのです。
もらった側は、商品券であればお金に換えることも出来ますし、買いたい物を気兼ねなく買うことが出来るからです。

個人的な感情で考えると、他の景品が面白くなくても、1位が1番良いモノであればそれで良いと思います。
二次会の景品は、人数を広げるのか、商品を絞るのかを決めて置かないと予算オーバーになってしまいます。

長い間ビンゴを続けたいとすると、ビンゴで当たりになった人は、さらにくじ引き制度にすると、長い間楽しむことが出来ます。
その中に、数を決めて罰ゲームを入れておくとさらに盛り上がります。

品物を選ぶ時は、コンパクトなモノで便利性の高いモノを選びましょう。
例えば、安い家電が喜ばれますね。
小型の扇風機であったり、ラジコンヘリであったり、CDラジカセであったり、自分で買うにはもったいないと思うようなもので、値段が安いモノであれば、たいていの人が喜ぶ商品になるでしょう。

家電ショップに行くと、欲しいけど本当にいるのか分からないものが多くあります。
自分が欲しいと感じるモノを選ぶのが、二次会の景品には良いと思います。

額縁に自分の描いた絵を入れて

私は祖母の影響で幼い頃より絵を描くのが大好きな子供でした。
それは大人になっても変わらず、休日の趣味として楽しんでいます。
正直いって自己満足の世界ですが、それでも絵を描いている時は心が洗われる気分になるのです。

昔から絵を描くと決まってすることがあります。
それはどんなものかというと、額縁に絵を入れて大事に飾るのです。
なぜこういう風にする習慣なのかというと、祖母から「こうすると絵が喜ぶのよ」と教えられたからです。
確かに額縁の中に入れると絵がまるで魂を持ったかのように活き活きするのが伝わってくるんですよね。

ただ、豪邸に住んでいるわけではないので、当然のようにスペースに限りがあります。
その為、お気に入りの絵が完成すると入れ替える方式にして、工夫していました。

小さい頃は画家になり、大きなお家に住むのが夢でした。
そして、額縁に描いた絵を入れて、自分の絵だけで家中を埋め尽くすのです。
そんな夢が叶ったらどんな気持ちになるでしょう。
今でも時々思い出しては懐かしい気分に浸っています。

そういえば先日、祖母の家へ遊びに行く機会がありました。
相変わらず家中には祖母の絵の入った額縁が飾られていて、代々受け継いでいきたい習慣だと強く思いました。

写真用紙かうなら富士フイルムがおすすめです。

Just another WordPress site